ARコンテンツを作ってみた with Junaio and Metaio

スポンサーリンク

myprof

※Metaio社がappleに買収されたためサポートが終了するのでご注意を※
Junaioのアプリケーションおよびチャンネルは2015年12月15日まで利用可能。
チャンネルのPublic申請は2015年6月30日まで可能です。

JunaioとARについて

Junaioとは

Junaioはモバイル拡張現実ブラウザです。 基本無料で使用可能であり、XMLやHTML5等のwebテクノロジーで、簡単に素早く拡張現実を作成・強化することができます。 位置情報のサービスはもちろん、映像や3Dとトラッキングを使った機能の実装のサポートも実装しています。

ARとは

拡張現実(かくちょうげんじつ、英: Augmented Reality、AR)とは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。
(wikipediaより)

JunaioはARを見ることができる、ARブラウザと言われるものです。
Junaioを使ってARを見るためにはJunaioデベロッパーサイトに登録してチャンネルにARを登録する必要があります。
機能や仕様など日本語に翻訳してまとめました。ご参考ください。
http://junaio.jp.net/

Junaioについての簡単な説明をfukuoka.phpでLTさせて頂きました。ご参考まで。

Junaioを使う理由

Junaioを選定した理由として2点の理由があります。

1.無料で使用可能
2.web言語に慣れている人にはかなり作成しやすい

web言語は主に
■HTML5・CSS
■JavaScript
■PHP
を扱います。
これらの言語を使うことができればかなり複雑なARコンテンツの作成が可能です。

普段web言語を使っている私にとってはストレス無く作成することができました。なので普段web言語をメインで使っている方にはかなりおすすめです。

Junaioで簡単なARを作ってみる

Junaioデベロッパーとして登録

まず、Junaioの公式サイトにアクセスしてデベロッパーとして登録します。
※無料です。
Junaio公式サイト:http://www.junaio.com/

ARを作成

今回は簡単にGUI操作でARの作成をしていきます。
作成には、metaio creatorというソフトウェアを使っていきます。

metaio公式サイト:https://www.metaio.com/
metaio creatorを使用するには会員登録する必要があります。

metaio creatorをダウンロードしたら「Creator」というアイコンをダブルクリックします。

下記のような画面が表示されます。
20141224131000

「Trackables」をクリックします。
20141224131241

「Image Tracking」をクリックします。
20141224131525

マーカーにしたい画像を選択します。
20141224131836

マーカー画像が選択された状態になります。
20141224132034

このマーカー画像にFacebookとTwitterのボタンを追加してみようと思います。
右のサイドメニューにあるfacebookとtwitterのマークをクリックします。
20141224133203

クリックして、facebookはシェアするURLをtwitterはツイートする内容をいれて、画面のようにマーカー上の好きな場所におきます。
20141224133331

最後にこのARコンテンツをアップロードします。「New Channel」を選択してアップロードすると自動的にChannelを作成してくれます。ただちょっとアップロードに時間がかかります。
20141224133736

アップロードが完了するとコンテンツのバーコードがでます。
20141224133837

バーコードを読み込んで、マーカーにかざすと作成したARコンテンツが見えます
myprof

できあがったQRコードです。是非、Junaioで読み込んでみてください。
20141224162048

プロフィール画像にfacebookとtwitterアイコンが出ていることが確認できますか??:)
20141224162124

今回はCUIでコードを書かずにやってみましたが metaio creator を使うことでかなり簡単にサクッとARを作ることができます。みなさんも是非遊んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク