「人間失格」を読んでみた

スポンサーリンク

前回の夏目漱石著「こゝろ」に引き続き、人間の真理を上手く表現している書籍、太宰治の代表作「人間失格」を拝読しました。本書の著者である太宰治氏は、この「人間失格」の掲載前夜に愛人の一人である山崎富栄と共に入水自殺をしました。実質、遺書のような作品です。

内容は、主人公である大庭葉蔵の半生についてです。
それが手記として3編に分かれています。

〜幼少〜
幼少期の葉蔵は、お道化り人を喜ばせたり好かれたりする術を身に着けていた。
お道化はするものの程よくその場に存在し、決して目立つことはせず、上手く人付き合いをする。人を欺き上手く人間社会に溶けこんでした。

〜青年〜
友人の竹一にお道化を見破られ、葉蔵は恐怖する。またその当時の悪友の堀木に酒、タバコ、女、左翼などを教えられる。葉蔵にとってそれらは人間への恐怖への緩和と日頃のお道化の疲れの癒やしとなり、拠り所となった。葉蔵は知り合いの人妻と一夜をともにし、情死をする。が、人妻は死に葉蔵は生きた。葉蔵は自殺幇助罪に問われる。結果、父親と取引のある男性に引き取られる。

〜成人〜
変わらず、拠り所である酒、女に溺れる日々を送っていた葉蔵の前に一人の無垢な女性が現れる。大庭葉蔵はその女性と結婚し、一時の幸せを手に入れる。が、とある日葉蔵は悪友の堀木と談笑していたところ、妻が商人に犯されているところを目撃。葉蔵にとってたった一つの幸せの象徴である妻の裏切りにより絶望の渕に落ちた葉蔵は、お酒に溺れ、睡眠薬で自殺未遂する。途方も無い日々を過ごす葉蔵であったが、とある日、喀血する。薬局へ薬を買いに行った葉蔵は処方されたモルヒネを使用し、中毒者になる。中毒者になった葉蔵は以後も薬局に通い続けモルヒネを処方し、そしてお店の女性と関係を持つ。その罪に耐えられなくなった葉蔵は家族に金の無心の手紙を送る。
事情を把握した家族は引受人と堀木を葉蔵のもとに派遣し、病院へ入院させる。葉蔵は自覚する。もはや私は、人間を失格したのだと。「人間失格」。
最後に葉蔵が感じた人生についての名言。
「いまは自分には、幸福も不幸もありません。ただ、一さいは過ぎて行きます。」

この小説自体、太宰治自身の自伝のようです。波乱万丈の人生だったことが拝読して痛いほど分かりました。

「人は欺き、欺かれるもの。」

語弊はあるかもしれませんが、人は他者と交流するとき自身を作り欺くことは往々にしてあると思います。なぜなら、その人に合った自分を演出した方がその人にとっては気持ちのいいものであるからです。それは人生を生きていく上で必要なことなのかもしれません。
このように人との付き合いは他人を欺くことがあるという思案から人を信じることもできなくなり、猜疑心に苛まれ葉蔵のように人間に対し恐怖することもあると思います。おそらくそのような人たちは無垢で純粋な方達が多いと個人的には思っています。考えるとそれは非常に悲しいことかもしれません。
前回の「こゝろ」でも紹介した書籍ですが、そのような考えに苛まれている方は「「私とは何か」〜「個人」から「分人」へ〜(平野啓一郎 著)」をおすすめします。是非一読してみてください。

参考文献

・人間失格(太宰治 著)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク