「『正義』は決められるのか?」を読んでみた

スポンサーリンク

「これからの「正義」の話をしよう」を読んでみた。に派生して、本書を拝読しました。

本書は、どのような行為が絶対正義なのか?問題の定義として「トロッコ問題」という有名な問題を題材にし、様々な哲学思想から解いていく内容でした。「トロッコ問題」とは、多くの近代の哲学書(特に功利主義)に書かれている有名な問題です。

下記、トロッコ問題をwikipediaより引用しました。

(a) 線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。このままでは前方で作業中だった5人が猛スピードのトロッコに避ける間もなく轢き殺されてしまう。

そしてA氏が以下の状況に置かれているものとする。

(1) この時たまたまA氏は線路の分岐器のすぐ側にいた。A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか?
なお、A氏は上述の手段以外では助けることができないものとする。また法的な責任は問われず、道徳的な見解だけが問題にされている。あなたは道徳的に見て「許される」か、「許されない」かで答えるものとする。
つまり単純に「5人を助ける為に他の1人を殺してもよいか」という問題である。
トロッコ問題(wikipediaより)

皆さんはいかがでしょう?A氏を「許しますか?」それとも「許しませんか?」非常に難しい問題だと思います。

私の周りにこの問題を出したところ多くの方は「許す」と答えました。理由を聞くと言葉には出来ないが、直感的にそうするだろうと答えた方が多かったです。道徳的な思考で言葉にならない直感は正しい場合が多いことは往々にしてあると思います。

「5人を助ける為に他の1人を殺してもよいか」

5人を助ける派の方は、全体的に功利主義的な考えの方が多いです。つまり、それ自体を幸福度で考えて5人が助かったなら1人は亡くなってもいいのではないかという意見。他方、1人を助ける派の方は、義務論的な考えが多いです。この1人も人であり、生きる権利があったはずという意見。

もしも私がAの場合、とっさに別路線にトロッコを切り替えると思います。つまり、5人を助けて1人を殺してしまうというパターンです。おそらくその場面に出くわしたら、対象を人として見ることはできるとしても、単純に「多」か「少」という判断しか出来ないと思います。そこで私は本能的に「多」の方、つまり5人の方を選択すると思います。
ですので、どちらかというと功利主義的な考えがあります。嫌なことですが、私は頭のどこかで助ける人は多いほうが良いという判断をしているみたいです。しかし、それは決して最大多数の最大幸福的な概念でないです。人の生死を幸福値として代替はしたくないです。

第三者としてAが許されるか許されないかを考えてみた時、私はAを許します。理由としては上述した通りです。殺された1人にも生きる権利(義務論)はもちろんあります。人1人を殺したという事実はもちろん払拭すべきではありません。ですがAは故意的に人を殺してはいません。判断時間はものの数秒でしょうがおそらくどうしたら一番皆にとって良いのか考えたはずです。しかし、この場合は判断より先に人間の本能が優先すると考えます。ですので、5人を助ける為に他の1人を殺してしまったとしても許されると考えます。

どれが正解でどれが不正解というものが無い問題で深く物凄く難しい問題ですが、皆さんはどのように考えますでしょうか。

参考文献

トロッコ問題(Wikipedia)
・『正義』は決められるのか?(トーマス カスカート 著)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク