第19回 Twilio番号のプロパティー変更をREST APIでやってみる

スポンサーリンク

twilioのREST APIを使うと実は管理コンソールにログインしなくても操作ができます。

例えば、

  • 電話番号の購入
  • 電話番号の削除
  • フレンドリーネームの変更
  • RequestURLの変更

などなど、、、
色々なことがAPI経由でできます。

目的

REST APIを使ってtwilio番号のプロパティ(フレンドリーネーム)を変更する。

開発

PHPライブラリーのダウンロード:https://github.com/twilio/twilio-php
開発を進める前に、AccountSID と AuthTokenを予め知っておく必要があります。
※AccountSID と AuthTokenは、管理コンソールのアカウントメニューに書いています。
※ダウンロードすると幾つかのファイルがあるが、実際に使用するファイルは /Services/ のみ。この /Services/ を作業をしているワークフォルダーにアップロード。

これでPHPライブラリーを使用する準備完了。
twilio番号に付属するフレンドリーネームをREST APIを使って変更してみます。

実際に作ったファイルは下記です。

changeFriendlyName.php

// ライブラリーまでのパス
require('Services/Twilio.php');
  
// 管理ページから AccountSID と AuthToken を確認して入力。
$sid = "your sid"; 
$token = "your auth token";
 
// インスタンスを作成
$client = new Services_Twilio($sid, $token);
      
// 番号のステータス変更、ここではフレンドリーネームを更新
// +◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯:変更したいtwilio番号
foreach($client->account->incoming_phone_numbers as $number){
    if($number->phone_number == "+◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯"){
        $number = $client->account->incoming_phone_numbers->get($number->sid);
        $number->update(array(
            "FriendlyName" => "ほげほげーーーーーー"
        ));
    }
}

$client->account->incoming_phone_numbers を使って現在契約中のtwilio番号をループして表示させる。
条件分岐で変えたい番号のみに処理を走らせるようにします。
あとは、updateを使ってtwilio番号のプロパティを変更します。ここでは FriendlyName を変更。

上記 changeFriendlyName.php を実行して、管理コンソールにログイン。
FriendlyNameが ほげほげーーーーーー に変更されているかどうか確認。

参考文献

・helperライブラリーの概要:https://jp.twilio.com/docs/libraries
・REST APIの概要:https://jp.twilio.com/docs/api/rest
・電話番号管理、APIを使ってシステムで自動化できます。ダッシュボードへのログイン不要:https://www.youtube.com/watch?v=FudMoRiAdFw

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク