「戦略おべっか」を読んでみた

スポンサーリンク

かの有名な豊臣秀吉(木下藤吉郎)は、織田信長の家来だった時に冷えきった織田信長のわらじを懐であたためて褒めて使わされたそうです。「戦略おべっか」では、このようなちょっとした「気遣い」を大切にしよう!なぜならば、「気遣い」は人に大きな影響を与えるからだと説いていた本でした。様々な気遣いの手法として、かの広告代理店大手「電通」さんを例にいろいろと解説されていました。

ちょっとした「気遣い」は人に好印象を与えます。なぜなら「気遣い」は相手を立てることであり、相手を優先する利他的なものだからです。
これは 人を動かす(デール・カーネギー 著) に深く関わってくると思いますが、まずその人を優先に考え物事を進めると人付き合いと共にそれを囲む物事もうまく進んでいくものと思います。

ビジネスマンは一度は読んでおいたほうがいい書物だと思いました。

参考文献

・戦略おべっか(ホイチョイ・プロダクションズ 著)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク