【WordPressプラグイン】Jetpackでサイトの統計・アクセス解析をしてみた

スポンサーリンク

スクリーンショット_2016-01-22_11_29_51

WordPressでサイトのアクセス解析をしようとすると、皆さんGoogleアナリティクスを使って解析を行う方が多いと思います。確かにgoogleアナリティクスは素晴らしく優秀で僕自身かなり重宝していてお世話になってます。ただ、たまにどこをどう見ていいのか分からないことがあり困ることも往々にしてあります。そういう方、実は多いのでは無いでしょうか?事細かに解析を行ってくれる分、情報量が多くなって分からない的な。
もう少し簡素に解析結果を表示してくれるようなツールが無いか調べたところ「Jetpack」というWordpressプラグインを見つけたので試してみました。

Jetpackのインストール

まずは、Jetpackのインストールをします。WordPressの管理ページにアクセスして「プラグイン」をクリックします。
スクリーンショット_2016-01-22_11_48_49

「新規追加」をクリックします。
スクリーンショット_2016-01-22_12_00_59

検索窓に「Jetpack」と入力してエンターキーを押し検索をします。
スクリーンショット_2016-01-22_12_06_29

検索結果の上に「Jetpack by WordPress.com」というプラグインが出てくるのでインストールします。
※画面では既にインストールした状態なので「今すぐ更新」になってます。すみません。。。
スクリーンショット_2016-01-22_12_10_20

インストールが完了すると左メニューに「Jetpack」というメニューが出てきます。
スクリーンショット_2016-01-22_11_48_49

これで「Jetpack」のインストールは完了です。

JetpackとWordPress.comの連携

インストールが終わったら、JetpackとWordPress.comとを連携します。

管理画面の左メニューにある「Jetpack」をクリックします。下記のような画面が開いたら「Connect Jetpack」をクリックします。
スクリーンショット_2016-01-21_22_40_13

Connect Jetpack」をクリックすると、下記画面に遷移します。上のテキストフォームに「WordPress.comのユーザ名」、下のテキストフォームに「WordPress.comのパスワード」を入力して連携を行います。
スクリーンショット_2016-01-21_22_40_30

連携に成功すると下記画面が表示されます。
スクリーンショット_2016-01-21_22_50_47

英語表記ですが、一度管理ページからログアウトして再度ログインすると日本語表記になります。

Jetpackの解析画面を見てみる

下記がJetpackのダッシュボード。
まだ使い始めて間もないのでデータがあまり無いですが、余計なデータが無くいい感じに見やすいです。
「統計グラフ」、「リファラ」、「検索キーワード」、「クリック数」、「購読」を確認することができました。
スクリーンショット_2016-01-22_11_29_51

スクリーンショット 2016-01-22 11.30.07

そして驚いたのが下記。管理者としてログインした状態でサイトを見てみると「過去48時間のビュー数を表示」してくれる親切設計。このあたりの細かい設計がとても魅力を感じます。
スクリーンショット_2016-01-22_12_44_41

必要最低限の確認データは網羅されているので「急ぎでとりあえず確認したい」場合にはJetpackを、詳細にアクセスを解析したい場合はGoogleアナリティクスを使い分けると良さそうな感じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク