Bedditスリープモニターで睡眠データを計測してみる

スポンサーリンク

皆さん、質のいい睡眠はとれていますか?僕はというとあまり取れていません。枕を変えたりマットレスを変えたりしていますが、いまいち目覚めはぱっとしない感じです。
考えてみるとそもそも睡眠の質の変化は体の状態でしかわからないですよね。データとして可視化できたらもっと良い対策がたてられそうなのになぁと思って探したら「Beddit」というデバイスがありました。

Beddit公式:http://beddit.com/
Beddit日本公式:http://beddit.jp/
Beddit購入URL:http://shop.beddit.jp/items/2142789

Bedditを使えば、皆さんが眠っている間に睡眠に関わるモーション(心拍数、呼吸、睡眠の深さなど)をデータとして取得してくれます。

使い方は非常に簡単。Bedditをベッドのシーツの下に設置すればいいだけ。

これだけで日々の様々な睡眠に関わるデータが取得できます。データ取得に際してもっと細々したデバイスの設置・設定があるかと思いきや無いのでびっくり。また、計測データは、多くの科学的な論文でも正確性を示されているようです。他にも、Beddit社独自のアルゴリズムによるスコア・評価でどのように睡眠を取ればいいかアドバイス的なものも貰えるから面白い。

個人使用としても枠を超えて医療分野や企業さんにも使えそうな感じ。さっそくどのような感じのデータ計測ができるのか使ってみました。

Bedditアプリケーションをインストール

Bedditは「デバイス(睡眠データを計測する機器)」と「専用のアプリケーション」を使って計測するみたいです。

まずは、アプリケーションのインストール。App StoreやGoogle Playで「Beddit」と検索してインストールします。

Beddit」のインストールができました。タップして「Beddit」を起動します。

起動。白とオレンジを基調としていていい感じ。

Beddit」のアラートを受け取るかどうかの設定。とりあえず「OK」で大丈夫です。

まずは初期設定から開始。

Beddit」のデバイスを持っているかどうかを聞いてきます。私はもう既に持っているので「次」に進みます。

健康管理として「フィットネスアプリ」と同期させることも可能みたいです。

こんな感じです。「呼吸数」と「心拍数」と「睡眠分析」を管理することが出来るみたいです。
※同期は任意です。

「フィットネスアプリ」の同期の後は、アカウント作成画面に遷移します。アカウントを作成することによりバックアップが出来るようなので作成しておいたほうが安全っぽいですね。

サインインすると「プロフィール作成画面」に遷移します。性別、身長、体重などを入力します。

次に「睡眠のヒント」選択画面に遷移します。ここで欲しい睡眠のヒントや情報を選択します。現在だと「不眠症」、「ダイエット」、「いびき」、「スポートと運動」、「ストレス」があるようです。

Beddit」のライナーを外します。

ベットになどに「Beddit」を設置します。

ここまで来たらやっとBedditの開始画面。

Bedditで睡眠データを計測してみる

ちょっと前になりますが、実際に計測した結果が下記。

この日の睡眠スコアは75点のようです。他に、心拍数は56bpm、睡眠効率は100%、呼吸は15rpmのよう。緑のバーまで行くと(80点以上)睡眠は十分に取れているという結果になるようです。

睡眠のデータもこの通り。時間帯によって眠りの浅い深いが一目瞭然。この日はいびきもない模様。

続いて心拍数。こちらも時間帯による心拍数がとれています。心拍数は通常の値のようです。よかった。

と、色々と睡眠データの数値が確認できました。寝ている時の自分が数値からなんとなく見えてきました(笑 ちょっと不思議な感じです。

Beddit Familyで睡眠データをシェア

Beddit社が提供しているBeddit Familyサービスと使うと家族、友達などと一緒に睡眠データをシェアできるようです。

Beddit Family:https://goo.gl/LkSz2y

「お互いの睡眠データを共有して究極の睡眠を見つけ出す」なんてこともありかもしれないですね。

気になった方は下記より購入が可能です。
Beddit購入URL:http://shop.beddit.jp/items/2142789

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク