Raspberry Pi とiPhoneをテザリングする方法

スポンサーリンク

Raspberry PiとiPhoneをテザリングしなければならなくなったのでメモ。
まず、テザリングをするには小型の無線LAN機器が必要になります。
私が使っているのは下記。

WLI-UC-GNME
IMG_3960
メリットはコンパクトなので、Raspberry Piとマッチするところ。
デメリットは時間が経つとかなり発熱するところです。

これをRaspberry Piのトグルに挿します。
FullSizeRender

これで前段階完了。

次に Raspberry Piでテザリングが出来るように幾つかのファイルを扱っていきます。

まず下記ファイルをvimコマンドを使って修正していきます。

vim /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

下記のように設定します。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1

network={
 ssid="your iphone's ssid"
 psk="your iphone's wifi password"
 key_mgmt=WPA-PSK
}

ssidにテザリングを行うiphoneのSSIDを入力します。
pskにテザリングを行うiphoneのパスワードを入力します。
※SSIDとパスワードはデフォルトの値ではなく独自に決めたものを推奨します。

次に、下記のファイルを同じくvimコマンドを使って修正していきます。

vim /etc/network/interfaces

下記のように設定します。

auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

念の為に一度下記コマンドでリブートします。

sudo reboot

再起動が終わったらテザリングを行います。
接続できたら成功。

参考文献

iPhoneのテザリングを使って、RaspberryPiを無線接続する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク