第1回 Twilio勉強会 with Bluemix in 福岡を開催しました。

スポンサーリンク

twiliobluemix-151030051016-lva1-app6892

第0回目に続き、第1回ということで「第1回 Twilio勉強会 with Bluemix in 福岡 〜電話のボタン応答無しで!?音声認識による自動回答サービスを作ろう!〜」を開催しました。
ご参加いただいた皆様、IBM様本当にありがとうございました。

イベント募集ページ:https://twiliojp-ug.doorkeeper.jp/events/31378

今回は Twilio x Bluemix ということで、TwilioとBluemixのシステムを使って音声認識による自動回答サービスを作成するハンズオンを行いました。
音声認識による自動回答サービスというとあまり想像がつかないかもしれませんが、簡単に言うと「音声ガイダンスのコールセンターってガイダンスに従って番号をプッシュするのってめんどくさいよね。だから、すべて音声レベルで解決しようよ!」といったことです。
この魅力的なシステムをTwilioとBluemixが持つ素晴らしいサービスで作成する内容になっています。

ざっくりとしたフロー図は下記。
twilio_1.016

【Bluemixのハンズオン】
・.phpランタイムで開発環境を構築
・Node-REDを使って音声を認識し適切な回答を返すシステムを作成

【Twilioのハンズオン】
・twilio番号に電話がかかってきた時に実行するプログラムをTwiMLで書いてランタイムの.phpにデプロイ
・twilio番号とプログラムファイルのひも付け

以上をハンズオンでやっていきます。

今回も多くの方にご参加頂き超満員でした。ありがとうございました。
12182365_10208156663857329_950201340_n

12202082_10208156663897330_390730679_n

IBM様のハンズオンからスタート。Bluemixエバンジェリストの藤田さんに講師頂きました。

まずは開発環境をランタイム.phpで作っていきます。わずか数クリックで構築できて、ものの数秒で出来てしまうのは本当に驚き。併せてNode-REDを使った音声認識と回答システムの構築のご説明もしてくださいました。
詳しくは下記の当日資料を。

変わってTwilioは私、岩崎が講師を致しました。
Twilioも簡単な電話システムなら数行で構築できちゃいます(笑
詳しくは下記当日の資料を。

ハンズオン資料:http://qiita.com/youhei_iwasaki/items/3b46519518d1df11befd

イベントが終わった後は、そのままその場所でビアバッシュ。
皆さん色々とお話さていたみたいです。イベントは学ぶ以外にも人と繋がることができることも大きな魅力ですよね。

今回のイベントの内容は、ご自宅等でもTwilioとBluemixを楽しむことが出来るように資料作成してますので気になる方は是非遊んでみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TwilioJP-UGの最新イベントは下記ページで知ることができます。

・Twilio for KWC:https://www.facebook.com/groups/twilioforkwc/
・TwilioJP-UG:https://twiliojp-ug.doorkeeper.jp/

気になる方は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク